固定概念の破壊

お金があるから幸せって勘違いするとまじで痛い目見ます。

5年前に看護師から独立してパチンコ専業生活を経てネットで稼ぐようになり5年が経ったフミヤと申します。

僕の周りには同じようにネットで独立して生計を立てている人が多いのですが、そのうちのほとんどが“ある程度稼げるようになったのちに急激にやる気がなくなって干物みたいな生活になりそしてだらだら過ごした自堕落に陥る”という道を通ってきていると思います。

稼いでから1度は経験する人は多いのでないかと思うし、僕も周りから話を聞いても「あ〜、まじわかる。」ってなります。

その道を完全に通りましたからね。

そこでです。

なぜネットビジネスである程度稼いだ人間がそのようなバーンアウトを起こすのでしょうか?

今回は僕の経験談と共にそれを深掘りしていこうと思う。

お金稼ぎが手段から目的に変化。

これの答えは完全に”お金稼ぎがいつの間にか手段ではなく目的になってしまっているからです”

これがある意味大きな原因であるのかなって思ってます。

始めた時にお金を稼ぐということは何かしらを成し遂げたいための手段なはず。

・自由な生活がしたい
・親孝行がしたい
・脱サラしたい
・タワマン住みたい
・ブランド物欲しい

これらを総称すると時間的、精神的、肉体的、経済的の自由。

僕の場合は本来の目的はネットで30万円くらい稼いで好きなパチンコを打っていたいというのが最初が願望。

それがいつしか・・・

・「とにかく金を稼ごう」
・「今の生活から脱却したい」

みたいにお金を第一優先にして仕事をしてしまっていたため、いつの間にかそのお金稼ぎが目的になっちゃうってのがよくある話なわけです。

それらが原因である程度お金を稼いで生活の不安がなくなったり、余裕がある状態だからあんまり頑張らなくてもいいやって急にやる気が失せるんじゃないかなと。

なんのためにお金を稼いでいるのかを明確に答えられる人ってぶっちゃけあんまりいないんじゃないかなって思っている。

僕の自堕落な生活の理由

僕の場合、看護師を退職してパチンコで食っていて途中からネットを使ったビジネスに移行後、軌道に乗ってからは4年間月収100万円を1度も下回ったことはありません。

退職直後は貯金はありましたが精神的ストレスがやばすぎて食事も死ぬほど腹が減るまで食べないで深夜に松屋で安い牛丼を食べている時もあったし「早く稼がないと」「ブログ書かなきゃ」「物販の価格改定しなきゃ」「SNSもフォロワー増やさなきゃ」って感じで毎日数字だけに追われていて毎日数字を追っていた結果お金を稼げるようになっていました。

なので途中からは本来の目的を忘れて実績を出すことだけ(大事なんだけど)に夢中になって数字を出すことが正義みたいな思考になってしまっていました。

で、生活にめちゃめちゃ余裕のある状態で何もしなくてもお金が入ってくる仕組みを構築した後に急激にやる気を損失していた自堕落な生活を送っていました。

毎日昼過ぎに起きてNetflix三昧、漫画、スプラトゥーンをしながらウーバーでご飯食べて週3回くらいでキャバクラに行く生活。

こんな生活をしているときもありました。羨ましく感じる人もいると思いますがこの生活を半年以上続けていると自分自身の存在価値が本当にわからなくなります。

人に会わないので自信もなぜか喪失してしまうこともありました。

社会的なコミュティからほとんど遮断されているようなもんなのでなんのためにこの仕事をしているのか。もはや生きている活力さえも失い始めます。

人生がまじでつまんなくなります。

これかなりまじな話です。

「おれの幸せってなんなんだろう」

「お金はある程度あるけど人生ってつまんないよな」

「看護師してたりパチンコしてた時の方が楽しかったんじゃ?」

そんな変な違和感ともとれるような感情が毎日頭をよぎる感じ。

こんな感じで1年間くらい悩みます。しょうもないことですが僕はまじで悩んでた。

承認欲求や爬虫類脳が発動しそのために稼いでいる

お金を稼ぐのが目的になってしまう原因で考えてみると僕の場合最初は全く興味のなかったちやほやされる環境やキャバクラにのめり込んでいたことも原因であると捉えています。

最初は月30万円ネットで稼げればいいと思っていたのに月収200万円、300万円と越えてくると普通なら経験できないことが増えてきます。僕の場合は夜の世界。

1度だけキャバクラにハマりお金を稼ぐ目的が飲みに行くためとなってしまっていた過去があります。

爬虫類脳をご存知でしょうか?簡単に説明すると人間の短期的欲求を司る部分の話で食べたい、寝たい、ヤりたい。ここの部分である。人間脳は理性。爬虫類は理性なし。つまり理性の崩壊。

理性が崩壊していつしか稼ぐ目的がキャバクラ、堕落した生活に変わってしまったということだ。いまとなっちゃいろいろ経験できたからいいにしろ目がさめるまでは時間が掛かりました。汗

自堕落生活から脱却するために

そんなクソみたいな生活をしていた僕が抜け出せたきっかけとはなにか。

・筋トレを始めたことでメンタルの向上

・お金ではないやりたいことを見つけることができた

・目先のことではなく自分の生きたい生き方してる人の熱に触れた

・自分が求めている幸せとはなにかわかった

これらが大きな要因だなって思っている。

やっぱり1人で這い上がっていくことって意志が弱い人は出来ない。僕は出来なかったから周りの意識が高い人にケツを叩いてもらえることで目が覚めた。

あと個人的にはまじで筋トレって死ぬほど効果がある。筋トレしてなかったら未だに自堕落な生活をしていたんじゃないかって思っている。

意識高い人って筋トレしている人が多いと思うけど筋トレが意識を高くしてくれていると思っている。なぜなら辛いことをずっと継続するわけ。もはやなんでもやり遂げることができるようになるよ。

なので燃え尽きている人、燃え尽きそうな人は目先のお金に囚われずにどういう人生を送りたいのかを考えることや自分の理想とする生き方をしている人の熱に触れてみたり改めて問いただしてみてほしいかな。

これはお金を稼いだ人にしかわからないかもしれない。人の幸せってお金だけで決まらないから稼いでいる人が必ずしも幸せとは限らないのよ。貧乏でも幸せな人がまじでいる。

おわり!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
僕はいくら遊んでいようが寝ていたしても月収100万円を下回ることはありません。

だけども、
月収100万を稼いでいますというと怪しいと思いますし、
ましてや「お前にはセンスがあるんだろ?」とも言われたこともあります。

僕はもともと看護師をしていてビジネスとは無縁の世界にいたのでビジネスが得意だったこともないし、話すことも文章が得意だったこともありません。

パソコンはもともと苦手で学生時代のパソコンの授業もついていけない機械音痴でもあります。

ただ正しい知識と実践を繰り返すことでこの生活を手にすることが出来ました。
世界が変わり人の見え方が変わり自分にとってとても良い影響をもたらしてます。

誰がなんと言おうとどんな人でも稼げるのが事実。

学んで知識をつけるだけで月収100万以上は可能であり僕もまだ成長途中です。
僕自身が稼ぐまでの過程を下記で書いています。

月収700万越え経験者の過去の経験と理念。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【下記画像をクリックして、電子書籍及びにメール講座をチェックする】

>>詳細が気になる方はこちらをクリック<<