物語

月収700万越え経験者の過去の経験と理念を語る。

どうも!フミヤです!

まずはお前誰だよと、なると思うので自己紹介をさせていただきます。

僕は現在会社を経営しています。グループ会社4社あるので5社経営してることになります。現在30歳。

26歳の頃にインターネットを活用したビジネスの会社を起業。事業を始め起業して5年目ですかね。

 

この事業では、億単位の利益をこれまで生み出してきました。

以下僕の自己紹介も兼ねて事実だけを箇条書きで書いていきます。

  • 現在は遊んでいても寝ていても収入が入ってくる
  • 副業感覚であるアフィリエイトで月20万得るも半年ほどで垢バンくらい絶望を感じる
  • 本格的にビジネス参入したのが25歳
  • パチンコで稼いでいたので勢いで看護師を辞める
  • 貯金300万でパチプロ生活半年続ける
  • 将来の不安におそわれパチプロを辞める
  • Amazon輸出に手を出すが半年間は鳴かず飛ばずで最高利益30万ほぼ赤字
  • あるアフィリエイトに出会い初月で50万円叩き出す
  • インターネットを活用して、26歳の時に月収700万円達成する
  • 勢いで価格高騰していたロレックス買う(定価127万円を250万円で購入)
  • 勢いで家賃35万円のタワマンに住む
  • MacBook1台でそれを達成
  • 資産があったわけではなくパソコンもとても苦手な状態から思考の変化により稼げるようになる
  • 28歳になり仕組みを作ったのでほとんどセミリタイア状態になる
  • 好きな時間に起きて好きな時間に寝ることが出来る
  • 自分の好きな時に好きな場所に行けるので急な誘いにも対応できる
  • 2,3ヶ月に1回テキトーに海外にいるときもある
  • 飲むのが好きでバーのオーナークラスと仲良くなったりキャバクラに行きまくる(過去)
  • 調子に乗って投資で人生上がろうとか考えて投資詐欺で3000万円失う
  • 色々経験して暇すぎて筋トレを始める
  • あるきっかけでネット上の資産を消してしまったが仕組みの構築により収入が100万円を切ることがない
  • ある投資がきっかけで単月で3500万円ほど得る
  • 途中まで自分を高めることが楽しすぎて仕方がなかった
  • 目標達成のためなのか燃え尽き症候群なのか一気にさまざまなやる気がなくなる
  • 2年間程ほぼセミリタイアしていたが、刺激がなくなりやりがいをなくしてしまいなにかしてないと人生つまらないと思い2020年に改めてビジネスに戻る
  • などなど

これが僕にとっては日常でありごくごく当たり前の世界。

嘘だろと思う人もいるかもしれないですね。僕もありえないと思っていました。
ここに書いた大半の人の日常とは全然違ういいことも悪いことも全て事実です。

実際に昔から才能があったとかそういったものはなくて、人から学んだり稼いでいる人たちの環境に身を置くことで達成していきました。

いわゆる成功者と言われる人、またはなりたい自分になれている人とでもいいましょうか。

実は世界が広すぎて様々な人に会ったり、勉強して学んだりすると自分が雑魚なのを痛感する日々でもあります。

事実、27歳の頃には大金を稼いでしまっているので「おれまじで最強!!」と思って調子に乗り狂っていた時期もありました。

しかし、すごい人に出会うとそんな気持ちも吹き飛ぶものです。

鬼滅の刃で言う所の伊之助が倒せない鬼を富岡義勇が一瞬で倒しレベルの差を見せつけられて圧倒されるあの感じ。最強だと思っていたけど世界にはすげーやつがいる。己の実力と世界が広いことを知る。

出典:鬼滅の刃 コミックス5巻より

まさにこのシーンのそれに近いかもしれません。

こんな感じですが僕は決して裕福な家庭に生まれていたわけではありません。むしろ家庭環境は複雑で常にお金のことを考えていなければならないので様々なコンプレックスの塊でした。

幼少期の僕にとってはお金が全て、金がないと生きてはいけない。そんな風に考えていました。

お金があれば全て解決すると。

ちょっと複雑な家庭に生まれイヤイヤで看護師になり試行錯誤の結果パチンコで稼ぎその後ビジネスに出会うのですが正直、家庭環境が複雑なのも相俟って自信もなければお金もない。そして人前で話したりすることも大嫌いな劣等感満載な僕でした。

それが今では、毎月何もしなくても利益が出るような自由に生きている生活を送っています。

そんな意味不明な状態にある僕ですが、先にも述べたように世界は広いです。その意味不明なことをぼんやりと認識してもらった上でブログを読んでもらえたら嬉しく思います。

では、このブログにおいての僕の理念を書いておきます。

僕自身が考える人生の幸福とは自分の心に従うこと。

時間的自由

場所の自由

人間関係の自由

仕事内容の自由

この4つの自由度が増せば増すほど人生がより豊かになっていくと思っています。

今日から1年間休んだり、集中力が高い時は朝から晩まで働くことができる。住む場所に限定されることなく今から海外に行くこともできる。

僕らが抱える悩みのほとんどが人間関係と言われている中でそのストレスすら皆無。能力のみでどんな仕事をしようがどれだけ稼いでも文句を言われない。

 

このブログでは僕の経験をいかして本当の意味での自由になる方法。

心の豊かさ、健康に関する方法を書いていこうと思っています。

是非興味を持ったものから読み進めて見てください。

 

また、このブログでは僕の過去の経歴を共有しておくと、より理解しやすくなるし、僕のブログが理解しやすくなります。

ということで僕の過去を少し共有していこうと思います。

ーーーーフミヤの軌跡ーーーー

 

僕は、保育園、小学校、中学校、高校、専門学校で常にお金にコンプレックスを抱いて生きていました。

環境というものは良くも悪くも人を変えてしまいます。

幼少期のお金へのコンプレックスお金への執着

昔の僕はお金へのコンプレックスがめちゃめちゃありました。お金への執着ですね。
僕自身がお金に困っていたかというと実はそうではありません。

保育園時代に両親の離婚、母親に引き取られ、そして、再婚。そして離婚。一人っ子ではあったので僕は非常にわがままでそしてビビりでした。

友達と一緒のサッカースクール、友達と一緒の塾、そして欲しいものを買う。欲しいものは全て手に入れてきました。

ただ、それは今は亡き僕の祖父が全てを援助してくれていたからです。

昔は礼儀など厳しかったけど今は死ぬほど感謝しています。

僕の家庭はお金に困っていたことで何度も祖父母はうちに来なさいと言っていたにもかかわらず僕の友達に恵まれているから離れたくないというわがまま(建前)と環境が変わって知らない土地に知らない人のいる環境へ飛び込むのが怖い(本音)ために、祖父母の家には行かず母親は嘘をついて祖父母からお金を援助してもらったりもしていました。

今考えると環境の変化が怖いただのビビりだったということです。

そして母親は2回の結婚でお金に苦労していたのでヒステリーを起こしたりと僕にお金が全てであると僕に叩き込んでいたり、中学時代には2番目の父親がお金を家に入れてくれず帰ってこない際には、僕が電話して連絡をとるということもしていました。

そんな状況にあるにも関わらず頑なに転校することを拒否していました。

しかし、とうとう高校に進学してから2番目の父親が謎の失踪をして高校1年目の夏に祖父母の家にお世話にならざる得ない状況になりました。

あれだけ頑なに転校したくなかった僕ですが結局回避不可能だったので高校1年生の夏に高校を転校するわけですがこれは初めての環境の変化でもありました。

そういったことや家庭環境も含めて性格のねじ曲がった僕が完成しました。

また、僕はプライドが非常に高く離婚していることさえ友達にはバレたくなかったことを覚えています。人に弱みを握られたくないという理由で。

今考えるとこの頃から社会不適合のようなストレスに弱い少年だったのかもしれません。

僕は今では母親や祖父母に感謝していますし、もっと別の環境だったらどうなっていたんだろうと感じる時もあります。

その背景には、「自分の好きな時に好きなだけ稼げる自由」があることで心の余裕や本当の意味での幸せを知ることが出来たことで自分にとっての嫌な過去を認めることができたし、今では感謝できるのです。

僕は26歳の頃から自分でビジネスを始めるようになりました。

稼げるようになっていなければ僕は心が死んでいたかもしれません。

未だにめっちゃひねくれのビビりかもしれないですね。

インターネットを活用したビジネスは今でも誰もが怪しいと思うし、僕も最初は怪しいと思ったし、知識もないしどうすんのこれ?と思ったけど

行動力や環境を変えるという本質的な動きができたからこそここまでこれたわけです。

看護専門と看護師時代

次に僕は専門学校に進学します。

看護師になるための専門学校に3年間。

なんで看護師の道を選んだかというと・・

祖父に「大学に行っても意味がないから手に職をつけろ」と言われたのがきっかけです。それで調べに調べまくってそこそこの給料、好きな場所を選べるという観点と最近男性看護師が増えているということが理由で看護学校に入ることを決める。

ただ、高校1年の夏に転校している僕は祖父母から大学までの面倒を見てやると言われていたのも含めて引越しをしたのにと思っていました。

なので最初はまじかよ、おれの大学4年のキラキラした学生生活が。とちょっと絶望したのを覚えています。

なので専門学校の3年間は大学生にコンプレックスを抱き、大学生でキャピキャピしている人たちに嫉妬していました。

「就活苦しめ!」ってね。

で、看護学校に入学したら道が決まっていて看護師になるしかないので看護の勉強、実習。書いてて思い出しましたがやり直せと言われても絶対戻りたくないのが看護学校かもしれないです。

あー、地獄。周りの大学生がキャピキャピしてる中(勝手に偏見で大学生はみんなそういうもんだと思っていました)高校生並みのスケジュールの座学と勉強、実技の練習。実習行ったら朝8時〜16時くらいまで病院行って帰ってから寝るまでレポートそれの繰り返し。

看護師なったらなったで1年目って本当に雑魚すぎて勉強しなきゃいけないし、休みは寝る為だけにあるというルーティン。

2交替だったので勤務時間は、日勤なら8時半〜17時半、夜勤なら16時〜9時。

残業あるし患者さんの情報とるのに1時間前には出勤して(その日担当する患者さんの情報収集をするのが看護師の日課でもあります)という日々ストレスと緊張と過酷だったため僕は常日頃から頭痛があってロキソニンが手放せない生活を送っていました。

看護師の癖に自分の健康を害する可能性のある仕事。(僕の場合)

健康に関して知識をつけてる僕からすると、あの仕事を続けていたら何かしらの病気になっているんじゃないかなと思う時もあります。(僕は昔からストレスに弱い人間だったようです)

ずっと続けて学び続けている看護師さんは本当に尊敬するし、まじで知識量半端ないから僕自身が看護師に情熱を抱いていたり、学ぶことの重要性を感じていたら今頃は別の道もあったかもしれないと、ふと思うこともあります。

パチンコで勝つための模索がビジネスチャンスを生む

次は看護師をしながらある趣味を見つけてしまう。

それがパチンコだ。看護師という日々の重圧の中で僕の切れ掛かった緊張の糸を緩めてくれたのが世間ではギャンブルであるとイメージの悪いパチンコである。

パチンコとの出会いはメダルゲームにある。

※今でもその頃の写真が残っていた。2011年10月1日のことだ。

メダルゲームで設定がよくメダルを吐き出してくれる台に遭遇してこれがお金になればいいのになという些細なきっかけからパチンコを始めるのだが、よく言われているビギナーズラックは僕には存在せず綺麗に1万円が吸い込まれなくなることからスタートしている。

暇があればパチンコに行き、勝ったり負けたりを繰り返す。

看護師のストレス解消から始まったパチンコはいつしか習慣化となり、やらずにはいられなくなった。

3ヶ月で30万勝って次の3ヵ月で50万円負けるとか、そんなことを繰り返すようになった僕はパチンコをやめられない。いよいよやばい。金なくなるのは嫌。

で、どうしたかというと増やすしかない。勝てばいい。

スマホで調べに調べ必勝法など。ネットでめっちゃ調べに調べる。

クソみたいな偽物の商材が販売されていたり、波理論(パチンコの当たりには波があるそうです※そんなものありません)なり様々な勝ち方をネットで調べまくる。

それでいくつかのブログにたどり着く。ブログで勝っている人が何人もいる。

何人もいて、勝っている人の言っていることが共通している。全て読み漁り熟読。本質をついている。

そんなこんなで実践。パチンコはその日の収支は関係ないので、ひたすらにやりながら答え合わせをしつつ、ただ負けると精神衛生上悪い。が、勝っている友達がいたので休みの日には一緒に実践。

1ヵ月微々たるもんだが勝てるようになっていく。

そして、結果副業で通算300万ほど稼がせて頂く。

※本物のパチプロさんからしたら雑魚レベルですがほぼ副業で2年でこれだけ稼げてたらそこそこなんじゃないかなと思います。

このときやったことと言えば死ぬほどリサーチして本当に稼いでいる人に教わる。

これまさしくビジネスの本質だったんだなと、今だったら思うね。

稼ぐことに情熱を持って調べまくって実践して稼いでいる人に教わって実践する。

パチンコが稼ぐ自分を作った原点であり、パチンコには感謝している。

看護師しながら空き時間にパチンコして2年間で3,140,934円稼いだ話。どうも!フミヤです! 今回はパチンコで2年間で副業として3,140,934円稼いだ話をしようと思う。 ちなみにパチンコの勝ち...

ビジネスとの出会いとパラダイムシフトまさに価値観の崩壊

パチンコで稼げるようになった僕は他に稼げるものはあるのかなと模索を始める。

そこで目にしたのがインターネットビジネスの存在。インターネットで好きな時に好きな場所で稼げる。なんじゃそりゃー。ありえんの。そんなの。

そしてパソコン1台で30万円ほど稼げたら好きな時にパチンコ行ける生活送れんじゃんめっちゃ最高という今考えると少し動機としては軽い感じで、ネット上で人に会いまくる。

ビジネスのビの字も知らないおれからすると今思えばMLMの勧誘だったり謎のシステムの販売の話も聞きまくる。

昔から比較していいものを選びたかったので聞きまくってやらないという感じで聞きまくる。

で、1つちょっとだけピンときたものがあったのですぐやりますといい始めるも実際のところ全然稼げないで月日が流れる。23歳の頃である。

看護師しながらパチンコで稼ぎ、ネットビジネス(実際はほとんど何もしていな)してるぜおれと浮かれてました。

で、あるとき参加していたコミュニティでFacebookページを使ったアフィリエイトがあるけどやらないか?と誘いを受ける。しかも破格の2万円で。これには裏があるのだが会った人にはお伝えします。

やる気だけはあったので、即答。

これがのちに本当の意味での稼ぐという真意に繋がる。

参加して始めたのがアプリ作成。アプリといってもプログラミングをするわけではなく自分で拾ってきたネタをツールに当てはめるという作業なのだが1つ作成するのに1時間掛かるこれを毎日3個作成しなくてはならない。

朝、昼、夜と投稿するためだ。

そのコミュニティでは既に月収200万という謎のすごい人たちからやる気のない奴は出て行けと罵声を浴びせられ、うわ、こっち働いてるんですけど厳しいなと思いながらもなぜか死に物狂いで1日最低でも3時間拘束されるという生活が始まる。

って感じでアレヨアレヨと環境に飲み込まれやらざるを得ない状態。なおかつ稼げる見込み謎。とにかくフェイスブックのいいねを増やすという仕組み作りを死に物狂いで行う。

今で例えれば、TwitterやInstagramでフォロワーを増やしていく作業に近いかもしれません。

看護師してパチンコしてる自分にとってこの3時間という時間の捻出がキーポイントだった。

周りに圧倒されて負けず嫌いってのがあったのですが、結果的にお金の仕方はわからないけどいいねが増えていくのが嬉しくて寝る間も惜しんでやっていく。

普段の生活はというと看護師 8時半〜17時半 パチンコ 18時〜22時 アフィリエイト 24時〜3時。

このような生活に変化していく。こんな生活を続けていって遂にいいねの数が15万を越える。2ヵ月ほどでだ。

コミュニティ内で1位。これは稼いでいる金額ではなく媒体を大きくしただけの数字なのである。

ただ、当時はマネタイズ(お金にする方法)の仕方わからなすぎたのでとりあえずアフィリエイトしてみたら今でも覚えているが”どろあわわ”という商品が売れた。

未確定報酬3万円の文字。

日給3万円だ。

うっしゃー!!!!これ毎日で月収100万じゃん!!!この時心臓がバクバクしたのを覚えている。

 

その後フェイスブックページによる媒体が完成しているので5分の作業で月20万円の収入を確立させていた。

ですが、15万人にアプローチできる媒体で1日5分の作業で月に20万円。当時はすごいと思っていたが今考えると枝葉のノウハウでちょろっと稼げているだけで本質的な部分に気付かずにやっていたなと思う過去に少しだけ稼いだしょうもない記憶である。

ただ、ここで1つ気付けたのはパチンコもそうだけど稼ぐためには本気で取り組まないとと思った瞬間でもあった。

これがビジネス副業時代の3つの収入の柱構築時代。

こんな世界実在するんだと実感したとともに一旦ここで満足をしてしまう。

本業と合わせて60万くらい稼ぎボーナス月には月収100万円になってましたからね。

しかし、このアフィリエイト収入は長くは続かず、アカウントの停止処分を受けることになる。20万円の収入の柱の崩壊である。

このときの絶望感はとてもやばくて例えるなら片腕もぎ取られたくらいの気持ちだったかな。何度も運営に異議申し立てをしたが復活する兆しさえも見えなかった。

なおかつそのノウハウは全盛期を終えていたので時代の流れとともにまた再度作り直すことが困難な状態で、20万円の収入を失うも看護師とパチンコの両立で稼いでいた。

その後何を思ったのか、ふと看護師を辞めようと思い4年いっぱいで辞める。

この間の前触れはとくになく、もう看護師をしているのがしょうに合わないため限界だった。多少貯金はあるし、パチンコでも少し稼げるからとにかく看護師を辞めようという今考えるとかなり無謀な行動をとる。

それに加え退職時の送別会ではネットで稼いでいるから看護師を辞めるとかっこつけて言い放ったのを覚えている。(ちなみに全くネットでその時は稼いでいなかった)

辞めたあとは貯金300万を持ち半年間専業パチプロをし、失業手当を3ヵ月もらう生活をする。

パチンコも将来性ないからパチンコで生きていくことはせず最後に思い切ってパチンコだけで食っていくことを体験してみるといった感じで将来を模索する感じ。

他の人に当てはめると旅するみたいな感じかな。あとは、この貯金とパチンコ生活でのお金が尽きるまでにうまくいけばいいやって感覚。

でも、周りにはネットで稼いでいるなんて言いふらしているただのアホでした。これが現実になるなんて1mmも思っていないこのときの僕。とにかく稼ぎたいというだけは持っていただけの状態。

そんで、たまたまパチンコ生活半年目にして転機があり、看護師を辞めたことを知ってくれたコミュニティ時代の今では長いお付き合いのビジネスの先輩に呼び出され一緒にやらないかと言われ、

その時に試験的にアマゾン輸出を始める。

もうもはや稼げるならやりますよって感じで今ならやらないけど行動力だけはあったなー。

でも、半年間鳴かず飛ばず、、、

試験的なのでアマゾン輸出での実績者なんておらず、先輩がやり方を知っているだけという状態なので当たり前のように稼げなかった。

売上100万円で経費込みでマイナス5万円とか。結果は最大利益30万。

瞬間最大風速の30万であとは全部赤字でした笑この時が人生で1番苦しくて辛かった時期ですね。ほとんど収入がないのに赤字出るし、生活費の出費もあるし、ここでの最大のミスは
稼いでいる人に教わるわけではなく資料を見たりほとんどネットの情報だけで自力で試行錯誤してやっていこうみたいな今思うと本当に無意味なことをしていました。

物販で梱包・発送とかめっちゃ嫌いだけど、いつかの金持ちを想像しながらやっていた半年間。

周りで稼いでいる人間がいたのは事実で、自分はまだ稼げていないから居心地がめっちゃ悪く、自信喪失しかけてた時代。

そこで諦めきれなかったから稼いでいる案件があったのを知っていたので直談判してやらしてくれと、結果初月50万。2ヶ月目から月収100万円を切らない状態。

ここでは内容は伏せるが4年経った今でも稼げるアフィリエイトが全てを変えてくれた。これが2016年4月。最初からそれやってろよって話なんだけどね。当時はそういうわけにもいかなかったのです。

そこからスーパーサイヤ人状態が始まりました。

稼げなくて苦しんで悩んでもがいたあの半年って期間は人生の中でも戻りたくないけど非常にいい経験だったと今思うと懐かしく思う。

だけど遠回りした感は本当に否めませんでいた。今なら最速最短で稼げる自信があるので、
もっと勉強しとけよと。

結局僕の場合は事細かに教わったというよりは、考え方の視点が身についたことと、事細かに教えてもらうことなんてなくて役割を与えられてそれの試行錯誤を自分でしてた感じでした。

お前は物販で稼げと言われて稼ぎましょう。稼ぎ方は試行錯誤してね。みたいな。

いや、無理無理。初心者みたいな人は筋道がなく細かく教わらずに進めていくと自己流になるわけ。事故だよ、事故。

(ここまみなさん絶対に真似しないでください)

で、諦めかけるというよりも思考を研ぎ澄ませていったかな。

この現状を打破するためになにをしたらいいのか。

そこで気付いたのが稼いでいる人と同じことすれば稼げるじゃん。

ってのと、稼がしてもらうって意識のままだったのが己で稼ぐという思考にシフトチェンジしたことによって稼ぐことに繋がったのかなって思ってる。

ビジネスしようとする人って結局誰かが稼がせてくれるなんて思考をもったら終わり。

その思考が抜けた当時は無意識だったと思うけど、その瞬間振りきれるんだよね。

行動のメーターが89%だったり95%だったりするのが101%になる感じ。

もっというと120%メーター振り切ってしまう状態。

ドラゴンボールならスーパーサイヤ人。

鬼滅の刃なら全集中ビジネスの呼吸。この状態。常時この状態をキープするとやる気なんて
言ってる場合じゃないんですよ、日常だから。

 

105万円の詐欺に遭ったけど結果的に稼げるようになりました。どうも!フミヤです! 今回お話する内容は初めて税込105万円の高額コンサルを受けた時の話をしていこうと思う。 最初にお伝えし...
ネットビジネスにより月収100万円切らなくなった元パチプロの物語。はじめまして!フミヤと申します。 僕は現在東京で会社を経営しています。 内容はというとインターネットビジネス、不動産仲介、保...

おれ最強時代からの堕落へ

そんなこんなで2016年の4月辺りから月収でいうと100万なんか切ることなんかなくて最高で700万とかかな。

もっというと単月で3500万儲かったときもありました。(これは事業じゃないけどね)
頑張れば頑張った分だけ収入が上がる感じで、もともとの10倍以上の収入を得るようになってきたわけです。

ただ、こうなると1個問題が生じるんですよね。そのときは問題とは思わなかったし人生謳歌というのかな。超最高状態。恋して盲目になるのと同じ状態。

さらには、よっしゃーおれ最強状態。

羅列すると・・

  • ブランド物大量購入(もともと興味なんかない)
  • キャバクラ行きまくれる(もともと興味なんかない)
  • 海外いつでもいける
  • 当時ロレックス所持
  • オリスパとかマッサージ行き放題

 

いわゆる欲望満たせるから欲望を満たしていくんですよ。

本当にしたいことではなく他人がいいと思う欲を追っていたときがあった。

こういう時こそもっと知識に投資をしておけばよかったと思って後悔しているので経験としてはよかったし、気付けたからよかったから最後は気付けて良かった自分と思ってもいます。

それに加えて何もしなくてもお金が入る状態も構築しているので、時間が余って暇になったことでそういう習慣も身についていったわけです。

あとはなぜかもっと楽に稼げる方法ないかなで詐欺にもあったりね。

僕は途中から思考が停止していたことによって、短期的な利益追求の脳みそが発動。その結果。甘い言葉に惑わされて数千万の損害も被りました。

今なら絶対ないのに数ヶ月で2倍3倍の案件に投資してお金が戻ってこないってやつを何件も経験してます。お金を貸したら返ってこないとかね。

まだまだ世界は広くちょっとお金を持った人に対して詐欺してくる人間もいたし、その当時を振り返ると前に感じていた稼がせてもらうという思考になってたかもな。稼ぐ前のおれと同じかよって。

一旦稼いだ先の楽しい!人生最高!って状態は長くは続かなくて、飽きるんですよ。超絶暇ってやつです。

することねーってなるし、つまらない状態。

あとは自身の成長の停滞ね。1番はこれかもしれない。思考の寝たきり状態。

これはこれで人生がパッとしなかったことも経験しております。

これに嫌気がさしたから筋トレを始めたり、暇だから超調べる、健康とか。

そうするとめっちゃ楽しいんですよ。

筋トレが習慣化されたことによって、なんか始めるかなって思ったのもあり、もう1回本格的におれも動き出すかなと思って、筋トレって苦しいんだけどやってることで身体的な変化って顕著に出てくる。

筋トレは裏切らないって本当だと体感する。

この筋トレも総合格闘技のチャンピオンから徹底的に学び、自分でも勉強して身体も少しづつ出来てきました。

すぐには成果が出ないで、徐々に出てくる。結局のところビジネスってこれと同じ。

仕事の出来るビジネスマン、経営者で筋トレしてる人が多い理由はまさにこれ。

そんで、ビジネスを学び直したら超絶楽しくなって今があるって感じになりますかね。

人って1度停滞とか楽を覚えてしまうと以前できていたことって本当に出来なくなるし、まじで再度動き出すのってめっちゃ時間かかるし、サイヤ人だったのにサイヤ人になれなくなるのよ。

その辺も1つ勉強になったし、筋トレもビジネスもね。結果的に学ぶことがお金に繋がって稼げるようになるのも加えて超絶ハッピーになるような人生を送れるようになります。

あなたは心に従っていますか?僕の理念は心に従うこと

 

どうでしたか?僕が現在の状態になっている経緯。

ときどき「もとから頭良かったのではないか」「センスがいいのではないか」

と、言われることがあったりします。

そんなことは本気でなくて、僕はもともと文章を書くことすらもできなかったし人前に出るのは苦手で学生時代の英語の発表会に欠席するレベルで恥かくのを嫌がる人間でした。

パソコンの授業すらついていけない。

小学生時代なんて、手を上げられない子供で母親に怒られていたことを覚えています。

同じような人もいると思います。ですが、そんな平凡またはちょっと微妙な人間でもちょっとのきっかけや知識と考え方が組み合わさることで人生なんて変わるということを強く伝えたい。

結局は頭悪かろうが才能なかろうが行動した人だけがお金を得られるのが今の日本であり、インターネットビジネスです。

ビジネスに関して幼少期の頃から教えてくれる人はほとんどいないし、学校教育でも学ばないから知っている人が少ないだけです。

よく失敗したくないって人が多いと思いますし、みんなと同じがいいって思いますよね。それは学校許育の影響をモロに受けていることが原因で、みんなと違うことしたら怒られたり、仲間はずれされたり失敗しないようにと教育を受けちゃってるからです。

 

何が言いたいかというと・・少しでも僕がきっかけで変わる人が増えてくれたらそれが嬉しいです。

ビジネスって勉強してこなかったから難しそうに見えるのですが、やっているだけで稼げていた時期のある僕から言わせれば学べばもっと稼げるし、どうせみんな学ばないから余裕で後発組でもごぼう抜きができるものなんですよね。

稼げるようになると

時間的自由
場所の自由
人間関係の自由
仕事内容の自由

これらを手にすることができて心の赴くままに自由でハッピーな人生を送ることができるようになるよねっていうのが僕の掲げている理念に近いかなと思います。

まずはお金の自由から解放されることで本当は自分は何を欲して、どんな自分になりたいのかわかるはずです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
僕はいくら遊んでいようが寝ていたしても月収100万円を下回ることはありません。

だけども、
月収100万を稼いでいますというと怪しいと思いますし、
ましてや「お前にはセンスがあるんだろ?」とも言われたこともあります。

僕はもともと看護師をしていてビジネスとは無縁の世界にいたのでビジネスが得意だったこともないし、話すことも文章が得意だったこともありません。

パソコンはもともと苦手で学生時代のパソコンの授業もついていけない機械音痴でもあります。

ただ正しい知識と実践を繰り返すことでこの生活を手にすることが出来ました。
世界が変わり人の見え方が変わり自分にとってとても良い影響をもたらしてます。

誰がなんと言おうとどんな人でも稼げるのが事実。

学んで知識をつけるだけで月収100万以上は可能であり僕もまだ成長途中です。
僕自身が稼ぐまでの過程を下記で書いています。

月収700万越え経験者の過去の経験と理念。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【下記画像をクリックして、電子書籍及びにメール講座をチェックする】

>>詳細が気になる方はこちらをクリック<<