ネットビジネス

個人的に思うネットビジネス最強説。

まずは結論から言う。

体調が悪くて動けない時に永遠に寝ていられる。

これこそ異常なまでのメリットである。

具合が悪い時に当たり前だけど普通に働いていたらそんなに軽々しく休めない。

看護師をしていたときはインフルエンザに掛かり休みをもらったことがあったが、他の休日を出勤にされたこともある。

当たり前かもしれないけどなんのための有給なんだと。

基本的にはそういうのもあるため無理して会社に行く。

日給月給で働いていた場合休んだら給料が減額されることもあるだろう。

僕自身起業をしてからは何もしなくてもというとそこまでではないが、好きな時に仕事が出来る環境、仕組みの構築をしていたので困ることがない。

 

暇な時も経験したから言うが今は暇だとつまらないこともあり仕事しているという状態。

もっというと仕事と遊びの境界線すらない状態とも言える。

 

例えば、これは僕の経験ではないがめっちゃ可愛い女の子がいたから有名にしてみよーかなってことで有名にしてみたら数千万円の利益が上がってしまったという話も聞く。

これを考えると遊びに近い。

可愛い女の子の周りで仕事をすることで収入源が増えるのは楽しいはず。

他にも旅行にいくことで仕事になるものもあるわけだ。

とは言え体調がすぐれない時もあるだろう。そんなときはずっと寝ていられるのがネットビジネスのメリットだと思う。

 

他にもいいとことがある。

めちゃめちゃ力がつく。

今の時代は正直にビジネスをやるというのにネットがわからないというのは非常にもったいない。

戦争で裸一貫で戦いに挑むレベルでやばい。

ネットにいいところはどんなものでも組み合わせが可能なところ。

 

ネット×ダイエット

→ネットでダイエット分野で有名になることで商品が売れる。

ネット×稼ぐ

→稼ぐ情報の配信で興味を持たれる

ネット×モテ

→モテる発信で有名になれる

ネット×可愛い

→これはインスタグラムで有名になる子を想像してもらえばわかる。有名になれる。

 

何が言いたいかと言うとネットを使うことで認知をされる。

認知がされるために収益が上がるという話。

 

僕の場合はビジネス、お金という分野において日々勉強しているためなかなか収益を激減すること自体が難しい。

極端な話。僕がどこにいても売上は上がるし1ヶ月寝ていようが売上が減ることはあってもなくなることはない。

力がつくことでインフルエンザで寝込むことだってできるし他にもいいことはある。

 

起業して思ったのは情報格差がやばすぎること。

いくら行動が出来ると言っても情報を持っている人と持っていない人の差。これだけで収入が何倍も変わるしもっというと100倍も変わるのだ。

僕はそれに気付いてから必要な情報は漁りまくるし、知識への投資を惜しまなくなった。

時々めっちゃ稼いでいるけど休みなく働いている人もいるけどもったいないなーって。

視野が狭かったり視点の持ち方も学べばまじで変わる。

もちろんめっちゃ忙しくて年収1000万円とか本当すごいのよ。

すごいんだけどすごくないみたいな。

そういう人って学歴がすごかったりするんだけどいい大学だろうがエリート街道まっしぐらでも起業の世界ではまじ関係ない。

どれだけ知識がすごかったとしてもそれを効率的に運用できるかが全てだ。僕自身もまだまだなんだけどね。

だから学校に行ってなかったって人でもよい。

成功するためには人脈が必要とかひたすらやり続けるって人もいるけど、僕は学んでいるからいうけど知識が基盤にあると思う。

ちゃんと行動するのは当たり前。そして、知識をつけようと。

以上です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
僕はいくら遊んでいようが寝ていたしても月収100万円を下回ることはありません。

だけども、
月収100万を稼いでいますというと怪しいと思いますし、
ましてや「お前にはセンスがあるんだろ?」とも言われたこともあります。

僕はもともと看護師をしていてビジネスとは無縁の世界にいたのでビジネスが得意だったこともないし、話すことも文章が得意だったこともありません。

パソコンはもともと苦手で学生時代のパソコンの授業もついていけない機械音痴でもあります。

ただ正しい知識と実践を繰り返すことでこの生活を手にすることが出来ました。
世界が変わり人の見え方が変わり自分にとってとても良い影響をもたらしてます。

誰がなんと言おうとどんな人でも稼げるのが事実。

学んで知識をつけるだけで月収100万以上は可能であり僕もまだ成長途中です。
僕自身が稼ぐまでの過程を下記で書いています。

月収700万越え経験者の過去の経験と理念。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【下記画像をクリックして、電子書籍及びにメール講座をチェックする】

>>詳細が気になる方はこちらをクリック<<